主人の服の愚痴

うちの主人は基本的にカジュアル系ファッションをよく着るのですが、どうにもそれが勘違いっぽい雰囲気が強く出てしまって「30のおじさんがこれ? ダセェなぁ~」なんて思ってしまう事が多々あります。

例えば、和柄系のアイテム。
ここ数年和柄系のアイテムも色んな所で取り扱っていますよね? 無論コレに対して完全段巨拒否! と、いう事ではないのですが、シマムラなどで売られているような安っぽい和柄の服をよく着るのです。
確かに低コスパなのは構いませんが、背後に三味線を背負った花魁女性のプリントがでかでかと。好きな人は好きかも知れませんが、最近のいきがってる中学生でもこんな恰好しないよ! というようなパーカーをよく着ています。
また、安い服というとプリントTシャツ。これも別に悪くは無いのですが……どうにも選ぶデザインがあまりにも幼稚で安っぽくて好きになれないものが多いです。
例えばトライバル柄のTシャツ。
これについては自分自身がトライアートを趣味で描いたりデザインをしているのでよく分かるのですが、明らかに「下手でダサい」のと「カッコイイ気品がある」この違いがよく分かります。
基本的にしまむらやアヴェールなどで扱われているものというのと、正直あまりセンスも良くなくて前者的な意見を思ってしまいます。
デザイナーさんには申し訳ないのですが、下手だなと思ってしまいます。
やっぱり見た目的にもファッションに目覚めたばかりの男子中高生みたいなコーデになんてしまって目を覆いたくなる程です。
カジュアルファッションは気取った雰囲気が無くていいなと思えるものに違い無いのですが、やはり「年相応」という言葉をちゃんと考えてもらいたいものだなと思えますね。