露出の多さは若さの印!?

街を歩いていると、露出の多い元気スタイルの女性をよく見かけます。

10代や20代前半の若い世代のファッションには、膝上のミニスカートやショートパンツが多く取り入れられています。
ティーンズ向けのファッション通販サイトを覗いてみると、ノースリーブやミニ丈などの若さ溢れる服がたくさん売られているようです。
確かに、露出の多い活発なファッションはこの年代じゃないと厳しいかもしれませんね。

20代後半以降になってくると、そういった露出の多いスタイルに抵抗が出てくる人も少なくないのではないでしょうか。
かくいう私も、この年代になってから露出の多いミニスカートやショートパンツ姿外出する勇気がなくなってしまいました。
ファッションに目覚めた10代後半~20代前半にかけては、ミニスカートやショートパンツを穿いて出かけるのが当たり前でした。

もちろん、20代後半以降でも露出の多いスタイルをうまく着こなしている人は居ます。
そういう人達のファッションセンスは本当にお見事です。
なぜなら、ちょっとでも失敗してしまうと「無理して若作りしている残念なおばさん」という印象を持たれてしまうからです。

これから気温が下がっていくにつれて露出の多いスタイルの人は減っていくでしょう。
しかし、真冬でもミニスカートやショートパンツを穿きこなしている元気な人を見かけると「若い!うらやましい!」と感心します。

サスペンダーに注目!

今年の秋冬のトレンドってクラシカル&レトロ系のファッションが流行るなんて言われていますよね? そんなところから是非とも注目したいものがサスペンダーです!
サスペンダーと聞くだけでも確かにレトロキュートなアイテム。
是非この秋1本は押さえておきたいアイテムだなと思えますね♪

本来元々サスペンダーとは、スカートやキュロットのズレ落ち防止の為のアイテム……だったようですが今では装飾品の一部として用いられる事が当然のようですね。
デザインも可愛らしいものも多いですし、今年の秋冬トレンドのレトロ&クラシカルな系統のものをリアル・ネットを問わずに最近よく見かけるようになったな~なんて、思えます。
また、サスペンダーコーデって難しそうに聞こえて実は案外簡単なんですよね♪
ただつけるだけでもOKですが、わざとずらしてぶら下げるなんてオシャレもあるそうなのです。
そこが取り入れやすくて魅力の一つなのでは? なんて思えてしまいます。
無論ボトムスアイテムとセットになっているものを購入してもOKですが、手持ちのキュロットやスカートなどと組み合わせる事が可能なので1つ持って置いて損は無さそうだななんて思えてしまいます♪

去年もレトロ&クラシカルなスタイルって流行ったのですが、私はこの波を完全に外してしまったので、今年はリベンジとしてサスペンダーを用いたレトロキュートなファッション今年こそ挑戦しようかな? なんて思います♪

服を大事に扱わない主人にイライラします

私の主人、本題通りに服を大事に扱ってくれません。
具体的にどういった事かと言うと、脱いだら脱ぎっぱなし! これが本当に許せないです。

うちの父親だって気終わったジャケットをハンガーにかけるなど出来るのにそれも出来ないなんて! なんてちょっとカチンと来てしまう事が結構あるのです。
何度も注意しているものの、全く直る気配が無いのでこれはもう仕方ないかな? 私が全部管理してあげないとダメかな? なんて、思えてしまいます。
よくよく考えれば、私の主人って全くと言っていい程に片付けが出来ない人なのです。
生活をするスペースを見ても私の居る場所はキレイなのに主人のいつもいるパソコンデスク周りはかなり腐海が広がっています。
服は散らかってるわ……お菓子の山があるわ飲み終えたペットボトルが転がってるわで……これじゃ確かにダメだななんて思えてしまいますね。
定期的に私がキレイにしているのですがそれでもすぐに元通りになってしまいます。
まずは根本から直して貰わない事には、きっと服だって大事に扱ってなんかくれないだろうなと、思えてしまいます。
また主人の母から聞いた話ですが、どうも子供の頃から「片付けが全く出来ない」そうで、それもこれも主人父も全く同じ習性を持って居るので遺伝の影響か否や全く把握が出来ませんがもう、これは半分諦めています。
けれどいい大人なんだから自分が着た服くらいどうにか上手く管理してもらいたいなと思えてしまいますね。
やっぱり管理の状態によっても着れる期間も大幅に変わるものです。
本当服をすぐダメにしてしまうなんて勿体ないなと思えてしまいますね。

たまには変化を・・・

夫は寝るときはパンツ一丁、起きてからTシャツを着てGパンをはいたらそのまま仕事に行ってしまいます。
Tシャツは黒か白のシンプルなTシャツです。重ね着しないので、乳首が透けています。一年中おなじGパンをはき続けているのも気になります。洗い替えが一枚ありますが、色もデザインもまったく同じなので変化がまったくありません。
両膝がすり切れて穴があいてもお構いなしではき続けていました。
要するに、ファッションにまったく無頓着なのです。
冬になったら毎日同じダウンジャケットを着ていますが、下には夏場と同じ半袖TシャツとGパンです。
たまにはTシャツの上から長袖のシャツを羽織ってみるとか、Tシャツを重ね着するとか、違うジャケットを着てみるとかすればいいのに・・・と思いますが、毎日毎日TシャツとGパンです。
衣装ダンスの中身もTシャツとパンツ、5本指のソックスしか入っていません。スーツを着る機会もまずないので、いざというときに着る服がなくて困ったことも。旅行先で行く予定のレストランがTシャツ禁止だったときは、礼服のカッターを着ていきました。
また、妹の結婚式に参列したときには、ベルトとネクタイが見つからず、買いに行ったこともありました。
あまり着るものにこだわりがあってうるさいと困りますが、ここまで無頓着だといまさら修正もきかないのかな、と諦めモードでいます。

主人の服の愚痴

うちの主人は基本的にカジュアル系ファッションをよく着るのですが、どうにもそれが勘違いっぽい雰囲気が強く出てしまって「30のおじさんがこれ? ダセェなぁ~」なんて思ってしまう事が多々あります。

例えば、和柄系のアイテム。
ここ数年和柄系のアイテムも色んな所で取り扱っていますよね? 無論コレに対して完全段巨拒否! と、いう事ではないのですが、シマムラなどで売られているような安っぽい和柄の服をよく着るのです。
確かに低コスパなのは構いませんが、背後に三味線を背負った花魁女性のプリントがでかでかと。好きな人は好きかも知れませんが、最近のいきがってる中学生でもこんな恰好しないよ! というようなパーカーをよく着ています。
また、安い服というとプリントTシャツ。これも別に悪くは無いのですが……どうにも選ぶデザインがあまりにも幼稚で安っぽくて好きになれないものが多いです。
例えばトライバル柄のTシャツ。
これについては自分自身がトライアートを趣味で描いたりデザインをしているのでよく分かるのですが、明らかに「下手でダサい」のと「カッコイイ気品がある」この違いがよく分かります。
基本的にしまむらやアヴェールなどで扱われているものというのと、正直あまりセンスも良くなくて前者的な意見を思ってしまいます。
デザイナーさんには申し訳ないのですが、下手だなと思ってしまいます。
やっぱり見た目的にもファッションに目覚めたばかりの男子中高生みたいなコーデになんてしまって目を覆いたくなる程です。
カジュアルファッションは気取った雰囲気が無くていいなと思えるものに違い無いのですが、やはり「年相応」という言葉をちゃんと考えてもらいたいものだなと思えますね。

年齢的にもう似合わないヤンキー風ファッションが嫌

彼のファッション一言言いたいです。
「歳を考えてもう少し落ち着いてほしい!」
今まで何度も遠回しに注意してきましたが全然話を聞いてくれません。
彼は俗にいうヤンキー上がりです。
昔は相当やんちゃをしていたようなのですが、今ではだいぶ落ち着いています。
しかし、そのときの面影がまだ服に残っているのです。
Tシャツはブランド物らしいのですが、前にも後ろにも英語がびっしりかかれたスパンコールの髑髏の絵が描かれたものを来ています。
パンツもものすごく高いブランドものですが、やりすぎだろ!とつっこんでしまうくらいのダメージ加工にやはり英語がおしりの部分に書いてあります。
アクセサリーはシルバーアクセサリーだったりゴールドの鎖だったりします。
最初はそういうのも我慢できるほど好きな気持ちでいっぱいだったのですが、最近ではそんな気持ちが消えてしまうほどに気になっています。
私は良くある普通の服装です。
彼とあるいているといろんな人の視線を感じてしまいます。
友人にも私がチャラい彼に貢いでいる風に見えると笑われてしまいました。
彼ももう20代後半なのでもう少し落ち着いたファッションをしてほしいです。
どうみても今の彼のファッションは十代のコが着るような服ばかりを着ているようにしか見えません。

もうすぐアウターの季節!

9月に入ったものの、まだ暑い日が続いていますね。
けれど、夕方・夜になると涼しくなって来ている事から、秋の気配をしっかりと感じるような気がします。そこでそろそろ本格的にきになるものと言うとアウターアイテム。
まだ日中には要らないかな? なんて、思えてしまうものの、あと1カ月も経てば日中でも着るようになるアイテムですよね。
しかし1カ月……何だか長く感じるよう結構早くやってくるものだなと思えてしまうのでGETしておくのであれば早めの方がいいように思えますね♪
そんなメンズアウターの中でも、モテるメンズ秋のファッションと言われているアウターアイテムと言うと何と言ってもジャケットファッション。
春共に注目のアイテムには違い無いのですが、秋にもバッチリと着回しが出来てしまう最高の羽織だと思えます!
けれど、ジャケットってアワセもしにくくて面倒なものではない? 厄介ではない? と、思えてしまう人も結構多いのでは? と、思えます。
しかし……そんな事は無いのです。
ジャケット=カッチリしたフォーマルスタイルという印象を持ってしまう……と、いうのも今ではもう昔の話。
現在ではジーンズなどカジュアルファッションにアワセもしやすいとのことで大注目を集めています。また何もインナーアイテムはYシャツじゃなきゃダメ? なんて事もありません。カジュアルに上からさっくりと着こなすだけでもOKなので手軽便利に楽々上級者ファッションをする事が出来るアイテムだと思えますよ♪
さておき、今年の秋はフレッピー系の真面目君コーデがいいなんて言われていますよね。
そんな真面目君系コーデにもきっと、ジャケットアイテムはモテ度も高くて人気が出るのでは? なんて、注目を集めているそうです。是非ともチェックをしておいて損は無いアイテムなのでは? と、思えます♪

いつも同じような服を着ています

私の夫は、平日は毎日作業着を着てそのまま会社に行っています。
そして帰ってくるとお風呂に入ってすぐにパジャマになってしまいます。
夏でも冬でも同じで、いつも家に帰ってくるとパジャマです。
楽だからなのでしょうが、いつも同じなので代わり映えしません。

休日に外に出かける時などは、普通に服を選んで着ているのですが、
あまり選ぶことはしないで畳んである上から取り出して着ているので、
いつも同じような服になっています。
持っている服も同じような物が多く、センスは悪くないのですが偏っていると思います。

洋服を買いに行く時も大変です。
女性と同じような感じで、何件も何時間もかけて1枚しか買いません。
しかも似たような洋服ばかり購入しようとするので、私が一緒に行く時には色々違う物を勧めてみます。
しかしいつも悩みに悩んで、似たような服を買っています。

持っている服自体が少ないです。
今の家に引っ越してくる時に大量に売ったり捨てたりしたようで、
ほとんど洋服はありません。
春と秋は同じ服装をしていて、冬も着る枚数が増えているだけです。
スーツも1着しかなく、しかもリクルートスーツなので、
あれでは友人の結婚式などに着ていけないのではと思います。
もう少し着られる服を増やしてほしいですね。

男性の短パン…

もう8月も中旬になりますが、この季節男性って短パンはいてる人結構居ますよね。

別に短パンファッションって涼しげで悪くは無いとはおもうのですが、私個人的意見では断然NGです。
何でそんなに短パンが嫌なのかというと、清潔感が全く無いように見えてしまうからです。
特にすね毛……男性というと女性に比べて体毛が濃いのが至って当たり前の事には違い無いのですが、何だか”これが嫌”だとヘイトを向けてしまうものでもあります。
実は私の主人もよく短パンを履くのですが……それがかなり嫌なんですよね。
主人が割と体毛が濃いめというのもあるのですが、見ていて逆に暑苦しいなぁ~なんて思えてしまうのです。
露出した部分にびっしりとすね毛。男性からしたらさも当たり前の事かも知れませんが、何だか格好悪いって私は思えてしまいます。
家の部屋着用でこのような格好をしているのは何も問題は無いのですが、お出かけ着で短パン……何だかちょっと嫌だなと感じてしまいます。
案外調べて見たり口コミ情報交換などをしてみると、実は女性から見た意見では短パン嫌派の人って結構居るみたいです。

この季節のお出かけ着・デート着を考えるようでしたら、無難なロング丈のチノパンかカーゴなどでのコーデを選んだ方が良いと思えます。
やっぱり女子に好まれるコーデは個人差などもあるかも知れませんが、基本的にはキレイ目系・清潔感重視の爽やかコーデの方が好まれる傾向があります。
ラフ過ぎるのは家の中だけ。ファッションにもめりはりをつけていく事が大事なのでは? と、思えますよ♪

ジャンルがごちゃ混ぜでダサい。

私が今まで見た中で一番ダサいと思ったコーディネートは、私の友人が着ていたコーディネートです。
その組み合わせは、頭には紺のニットキャップ、上下とも派手なジャージ、靴はレッドウイングのブーツ、さらにグッチの財布にウォレットチェーンをつけていました。
顔には大きめのサングラスをかけてあごひげを蓄えてるとゆう、ほぼ全身完璧に近いダサさでした。
この友人は、他人が身に着けていたり、テレビで良いと言っていたアイテムをすぐに取り入れてしまう癖があったたため、こんなチグハグなこーディネートになったんだと思います。その頃はニットキャップが大流行してましたし、ブーツもレッドウイングを履いていればカッコいいみたいな風潮の時期でもありました。お洒落ジャージもチョイ悪系の人たちの間でマストアイテムとして認知されてた時代ですので、その友人は色んなジャンルのアイテムをごちゃ混ぜで身に着けていたんです。
統一感もポリシーも無い流行だけをかき集めたそのコーデは、ダサいのを通り越してなんだか悲しい感じに見えました。
ちなみにサングラスは昔からかけていたのでそんなに違和感無かったのですが、アゴヒゲはさすがに似合わないと思いましたね。チョイ悪オヤジをリスペクトしてるから髭は剃らないと豪語していたのを思い出します。
ジャンルが違う一つ一つのアイテムは決して悪くないのに、それを全部あわせるとこんなにも酷いものになるんだなと勉強にはなりましたけどね。